> インプラントの医療費控除について

医療費控除について

医療費控除について

インプラント治療にかかる費用は、決して安いものではないかと思います。お支払いした医療費が10万円を超える場合、一部の金額が戻ってくる医療費控除をご存知ですか?

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部が還付されます。

みなさまが、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、 納めた税金の一部が還付されます。
領収書は大切にとっておきましょう!

医療費控除とは、ご自身やご家族のために、その年の1月1日から12月31日に10万円以上の医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができる制度のことを言います。

もし申告をし忘れてしまった場合でも、5年前まで遡って医療費控除を受けることができます。
医療機関から受け取った領収書、通院の際にかかった経費の領収書、申告の際に必要な書類などは大切にご自分で保管しておいてくださいね。

※一般的に支出される水準を著しく超えると認められた場合は、医療費控除の対象になりません。

インプラント治療は医療費控除の対象になるの?

インプラント治療は、自由診療であるため、治療費が高額です。すべての治療費を患者様自身で負担することは、なかなか簡単なことではないかと思います。

そのためインプラント治療にかかった費用は、医療費控除の対象になります。

税務署へ確定申告することで、治療費の一部が戻ってきます。インプラント等の治療費を計算する際には、費用負担軽減のためにも、ぜひこのことを念頭においてお考えください。そして、インプラント治療を受けた場合は忘れずに確定申告時に申請してください。場合によってはかなりの控除額になりますので、利用しない手はないでしょう。

1年間に支払った医療費」には何が含まれますか?

インプラント治療にかかった費用(検査・診断料、インプラント体・被せ物の費用、手術・調整料など)。
通院のための交通費(バスや電車など公共交通機関。バスや電車での通院が困難な場合のタクシー代)。

※マイカーでのガソリン代は対象外です。

1月から12月までの1年間にかかった「インプラント治療の費用」と「通院のための交通費」の合計が10万円以上であれば医療費控除の対象となります。金額を証明する領収書等が必要なので、全て大切に保管しましょう。
公共交通機関の交通費は、乗車区間と日付のメモでも認められます。詳細は担当税務署に確認しましょう。

医療費控除の計算式

医療費控除の計算式

※総所得の金額が200万円未満は総所得金額の5%

還付金の目安

還付金の目安

課税所得金額 税率
所得税+住民税
医療費(円)
50万円 70万円 90万円 110万円 130万円 150万円
~195万円以下 15% ¥60,000 ¥90,000 ¥120,000 ¥150,000 ¥180,000 ¥210,000
195万円超~330万円以下 20% ¥80,000 ¥120,000 ¥160,000 ¥200,000 ¥240,000 ¥280,000
330万円超~695万円以下 30% ¥120,000 ¥180,000 ¥240,000 ¥300,000 ¥360,000 ¥420,000
695万円超~900万円以下 33% ¥132,000 ¥198,000 ¥264,000 ¥330,000 ¥396,000 ¥462,000
9万円超~1800万円以下 43% ¥172,000 ¥258,000 ¥344,000 ¥430,000 ¥516,000 ¥602,000
1800万円超~ 50% ¥200,000 ¥300,000 ¥400,000 ¥500,000 ¥600,000 ¥700,000

インプラント無料相談