> インプラント概要

インプラント概要

インプラントって何ですか?

インプラント

一言で申し上げれば、人工の歯の根っこです。

草木が土の下に根を生やしているように、歯も歯茎の下の骨に根を生やしています。

つまり、歯が抜けてしまったところに、人工の歯を埋め込むためには、まず根っこが必要ということになります。

この人口の歯の根っこ(人工歯根)には、チタン製の支柱(フィクスチャー)を使います。

顎の骨にフィクスチャー埋め込み、骨としっかり結合したことが確認できたら、セラミックなどで作られた人工の歯の冠を被せるための土台(アパットメント)を装着します。

これらのチタン製の人工歯根が、一般的にインプラントと呼ばれています。

歯がなくなってしまったところへの対処法は、インプラントの他に、義歯(入れ歯)とブリッジが挙げられます。

その中でもインプラントは、審美的に優れていること、歯がないところの周囲にある健康な歯に負担をかけずに治療ができるという大きなメリットがあります。

ただ、インプラントの費用は決して安くはありません。そして、インプラント手術はすべての歯科医師ができるものではありません。

だからこそ、失敗のないインプラント手術ができる歯科医院を見つけることが最も重要なポイントといえるでしょう。

インプラントはこんな方にオススメです

  • 入れ歯に違和感を感じる。
  • 入れ歯の口臭が気になる。
  • 両側の歯に負担がかかるブリッジに不満がある。
  • 本当の自分の歯と同じように違和感がなく食事がしたい。

インプラントのメリットデメリット

メリット
  • 顎の骨に固定するので、天然の歯に近い感覚で食事ができる。
  • ブリッジやバネ付きの入れ歯のように、周囲の歯に負担がかからない。
  • 見た目が自然なので、人工の歯と気づかれずに済む
デメリット
  • 治療期間をが長い。
  • 全身疾患がある場合には治療できない場合がある。
  • 口腔衛生の管理と定期的な検診(メインテナンス)が必要。
  • 保険が適用されない。(自費診療)

動画で観るインプラント治療の流れ

インプラント治療の流れを動画で確認しましょう。

インプラントのメインテナンス

インプラントの治療後も歯と同じように普段のメインテナンスが大切です。
お手入れをしないと周りの歯茎が炎症を起こし、インプラントを支えている骨が吸収され、インプラントそのものが抜け落ちるリスクもあります。

インプラントを埋入するための条件

インプラントは十分な骨がなければ埋入できません。
そして、骨があれば埋入できるわけでもありません!

インプラントを埋入するために十分な骨の量があるかどうか、レントゲン写真やCTスキャンを使って検査する必要があります。

顎の骨の量が少ない方でも、骨を移植や人工の骨を使ってインプラントを行えるケースがあります。

骨が少ない方のインプラント治療法

顎(あご)の中の骨密度が低く、スカスカで脆い場合、インプラント体と骨がうまく結合せず、インプラント手術に耐えることができませんので、まず骨密度を上げる必要があります。

症状によって手法は異なりますが、ここでは代表的な以下の3つの方法を紹介いたします。
この治療は、高度な歯科医療技術が要求されるため、行っている歯科医院は多くありません。他院で骨密度が足りないと言われたケースでも、まずは診断を受けてみてください。

ソケットリフト

ソケットリフト

上顎と上顎洞との距離が狭いが、5mm以上の距離がある場合に行う方法です。まず、インプラントを埋入する箇所にドリルで穴を空け、専用器具(オステオトーム)で槌打し、骨を抜き、骨を押し上げ粘膜を拳上します。その後、骨移植材を注入し、インプラント体と骨が結合するのに充分な高さを確保してインプラントを埋入します。

治療自体は通常のインプラントを行う場合よりも、痛みや腫れが少ないものです。骨の状態、症状によって異なりますが、通常のオペと同じ位の時間でオペは完了します。通常のインプラントと比較し約1ヶ月間だけ治療期間は長くなります。

サイナスリフト

サイナスリフト

顎の骨が著しく足りない場合に行う方法です。まず、上顎洞側壁骨の相当部の歯肉を切開し、骨窓を開け、骨窓を下から内側に押し上げて上顎洞底部の粘膜を拳上します。次に拳上してできたスペースに移植材を入れます。移植材を入れた後、外側を粘膜で被い歯肉を縫合して6ヶ月間放置し、増骨を待ちます。

サイナスリフトには、手術後増骨を待ってインプラントを埋入する方法と、手術と同時にインプラントを埋入する方法の2通りがあります。

後者は上部構造装着までの期間が短縮され、手術回数が減って患者様の負担が少ないという利点はありますが、インプラントの成功率は劣り、適切な方向へインプラントを埋入するのが困難になります。これに対し、前者はほぼ100%近い成功率を得ることができます。

GBR(骨誘導再生)

GBR(骨誘導再生)

顎(歯槽骨)の厚みや幅が足りない場合に行う方法です。正常な歯周組織は歯根の周囲を歯槽骨が覆っています。歯槽骨が不足している状態では、骨の中に入るべきインプラントの表面が大きく露出し、インプラントの埋入が不可能です。GBR法では歯槽骨が吸収した部分に移植骨のブロックをピンで固定し、周囲の隙間には小さい骨を詰めます。

約半年間、骨が再生するのを待ちます。移植骨を固定するために用いたピンを再生後に除去してインプラント手術を行います。

このように、お口の中の状態、全身状態によってはインプラント治療が難しいケースもありますので、インプラント治療をご希望の方は、まず当院のインプラント医とよく相談してからご検討されることをお勧めしております。

なお、インプラントに関するご相談は無料です。

インプラント無料相談