ブリッジに不満がある方へ

> ブリッジに不満がある方へ

ブリッジに不満がある方はお気軽にご相談ください。

  • 食べ物カスがつまりやすく、口の中が不衛生。口臭が気になっている。
  • 空気が漏れてしまい、発音がしにくいです。
  • ブリッジを固定するために歯を削ったら、歯が痛くて痛くて仕方がない。
  • せっかく削った歯が虫歯になってしまった
  • ブリッジが変色をして、磨り減ってきた。
  • 数年前にブリッジを固定したが、歯根が壊れてきた

ブリッジでお悩みの方でも、インプラントにすれば、そのお悩みが解決できるかもしれません。インプラントなら、周囲の歯を傷つけることもありませんし、硬いものも食べられます。ブリッジや入れ歯の時のような違和感は格段に減り、あごの骨もやせないので体への負担は小さくて済みます。

ブリッジとインプラントを比較

ブリッジの特徴

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を支えにして(支台歯)、繋がった人工の歯を装着する固定式の治療法です。 保険適用のため安価で治療することができること、治療期間が短いこと、そして強度に優れていることが特徴です。保険適用の場合、失った歯は連続した2本までが対象となります。欠損部位によって保険が適用されない場合もあるため、歯科医師に確認が必要です。

・素材について

素材は保険適用の場合、表側が白いプラスチック、裏側と内部が金属になり、小臼歯から奥の歯は全て金属(銀歯)になります。そのため金属アレルギーをお持ちの方は金属アレルギーの症状が出るリスクがあります。 自費治療の場合、素材の選択肢は広がり、セラミックを使ったオールセラミックやメタルボンドなどのブリッジを作製できます。ただしオールセラミックは強度が金属ほど強くないため、どちらかかと言えば奥歯には不向きです。メタルボンドは外側はセラミックですが、内側に金属を使っているため金属アレルギーの心配や、経年劣化とともに内部の金属がイオン化して溶出し、歯ぐきが黒ずんでしまう可能性があります。

・他の歯への影響について

ブリッジは金属を使用するため、強度に優れていることが特徴です。しかし奥歯の場合、全て金属素材のブリッジになるため噛み合わせが強い人は、対合の歯を痛める可能性があります。 また土台となる支台歯にも影響が出る可能性があります。ブリッジの最大のデメリットは、支台歯となる健康な歯をたくさん削らなければならないことです。歯はいちど削ると二度と元に戻りません。削ることで痛みがでる場合もあります。そしていちど削ると寿命は短くなってしまいます。噛むことで支台歯に大きな負担がかかり、将来的に健康であったはずの歯を失ってしまう可能性を持ち合わせていることが最も懸念される材料です。

・口腔内の衛生について

ブリッジは食べかすがつまりやすく、ブラッシングだけではなかなか綺麗に汚れを落とすことができません。そのため口腔内の衛生状態が保ちにくくプラークが溜まりやすくなることから口臭の原因になります。

その他空気が漏れやすい、プラスチック部分が変色してきた、銀歯が磨り減ってきたなど、様々な問題点が存在します。

インプラントの特徴

インプラントは、失った歯の部分に人工の歯根(インプラント体)を埋入し、人工歯を装着して噛む機能を回復させる治療法です。インプラントは自然な噛み心地、審美性に優れていることが特徴です。ただしごく一部を除き、自費治療となるため高額な費用が必要となります。

・機能と審美性について

インプラントは顎の骨にインプラント体を埋入し、骨と結合させて噛む機能を回復させます。そのため自然な噛み心地、自分の歯とほとんど変わらない噛み心地であることが特徴です。 また審美性にも優れています。オールセラミックやジルコニアセラミックなど、白く美しい素材が選ばれており、美しい口元として機能を回復することができます。機能面と審美面を兼ね備えていることが、インプラントの大きな特徴です。

・他の歯への影響について

インプラントの特徴としてもうひとつ着目すべき点が、他の歯への影響です。ブリッジは健康な歯を削らなければいけないという大きなデメリットがありますが、インプラント治療は、失った歯に対して治療を行うため、他の歯を削ることはありません。歯の健康や寿命を考えると、他の歯に影響を与えず治療できることは、とても重要なポイントと言えます。 ただし歯周病の症状がある方は、インプラント治療を行う前に歯周病の治療を行う必要があります。

インプラントは、ブリッジにあるような問題点がほとんどありません。口腔内の衛生を保ちやすく、人工歯も変色することはほとんどありません。お手入れをしっかりと行うことで、長持ちすることができます。

ご自身にあった治療法を選択することが大切

ブリッジとインプラントの特徴についてご紹介しました。 どの治療にも、メリットやデメリットは存在します。将来的な歯の健康を考慮すると、インプラントが最も適していると言えますが、それぞれに合った治療法があります。 歯科医師とよく相談して、ご自身にとって最も良い治療法を選択するようにして下さい。

当院では、様々な理由で「歯を失ってしまった」方へ、長く使用でき、安心・信頼できる治療として「インプラント治療」を推奨しております。

インプラント無料相談

MENU