インプラント 寿命を長くするための方法について|新宿インプラントセンター

ドクターコラム/2016年1月18日

インプラント治療を受けた時、その後の寿命をできるだけ長くさせたいと、誰もが思います。 そんな時、インプラント 寿命を長くする方法について、まとめてみました。   ・インプラント自体は腐らない インプラントの寿命を長くする方法を知る前に、知っておくこととして、インプラント自体は、決して腐ることがないということです。 その寿命が短くなるのは、歯の状態やそのインプラントをいれている、口の中の状態によって違ってきます。   ・インプラントの寿命は歯周病と関係する インプラント 寿命は歯周病と関係しています。 歯周病がひどくなっている歯が多いと、そのインプラントの歯の状態も悪くなってくるのです。 そのため、歯周病にならないように、歯周病と診断をされている人は、その進行を妨げるように努力をすることが大切です。 例えば、口の中の環境をよくするために、歯磨きをきちんと行うことが挙げられます。 歯垢がたまると、それだけ歯周病になる危険性が高まります。 またほかのはが虫歯になると、歯の噛み合わせの問題も、インプラント 寿命に影響してきます。 インプラント治療をした場合は、今まで以上に歯の健康に関して見直すことが重要となります。 口の中を、いつも清潔な状態に保つことで、インプラント 寿命も長く保つことができます。 インプラント治療は従来の義歯治療である入れ歯治療やブリッジによる治療と異なり、人工の歯根であるインプラント体のフィクスチャーを直接患者様の顎の骨の中に埋め込んでゆく治療となりますので、安定性や固定性に優れている他、他の健康な残っている歯に影響を与えない点がメリットとなります。 しかしインプラント治療によって埋め込まれた人工歯根であるインプラント体や歯の部分となる上部構造、そして上部構造とインプラント体の部分を繋ぎ合わせて連結させる役割を持つアバットメントなど、インプラントには様々な部品があり、これらの部品のケアを定期的に行ってゆく事がインプラントの寿命を延ばす秘訣となります。 インプラントの寿命は一度埋め込んでしまえば人工の歯根や人工の歯である為に歯磨きが必要なくなる、と勘違いしていらっしゃる患者様がまれに居るのですが、もちろんそんな事は無く、インプラント治療によって埋め込まれたインプラントは毎日の歯磨きが自然の天然の歯があった時と同じように必要になってきますし、自宅で行うセルフホームケア以外にもインプラント治療を行った歯科医院に定期的に通いインプラントのケアやメンテナンスをしてもらうプロケアがインプラントの寿命を長くする為には必須となります。   インプラント治療は、とても良い治療であるので、多くの人が行っています。 そしてそれは自費となるので、そのことを思うと、できるだけインプラント 寿命を長くしたいものです。 インプラントの寿命を長くさせる内容について、まとめてみました。   ・定期受診をする インプラントの治療を受けた後に、定期受診を必ず行うことが、インプラントの寿命を長くさせるポイントとなります。 その定期受診では、インプラントの状態を観察することと、その他の歯の健康についても調べていきます。 それは、その他の歯の健康状態によっても、インプラントの状態が変わることもあるからです。 ほかの歯も健康に保つために、定期受診では必要に応じて、クリーニングをしたり、歯磨き指導を行ったりして、インプラントの寿命を長くするための内容が行われます。   ・インプラントの寿命はその人の生活習慣によっても違ってくる インプラントの寿命は、その治療を受けた患者さんの生活習慣によっても、違ってきます。 一般的に、喫煙をしている人は、そのインプラントの寿命は喫煙をしていない人に比べて、短くなります。 また、歯磨きがきちんと行えていない人や、歯に良くないものを食べることが多い等の人も、インプラント 寿命が短くなります。

MENU