All on 4(オールオン4)と総入れ歯を徹底比較

ドクターコラム/2017年3月13日

最近ではインプラント治療を行っている歯科医院も増えてきました。
歯が複数本無くなってしまうと入れ歯にするしか無かった選択肢が増えてきています。
そんな中でインプラント治療の中でオールオン4と呼ばれる方法と総入れ歯ではどのように違いがあるのか比較してみました。

オールオン4とは

オールオン4とはインプラントの方法のひとつです。

通常インプラントは全く歯が無い状態では、14本の歯を入れるのに対して10本から14本のインプラントを入れてその上に歯を作っていくという方法が多く用いられてきました。
オールオン4とは10本から12本の歯を4本のインプラントで支えて固定式の歯を上に被せていく治療法です。

オールオン4のメリット

アメリカなどで普及してきた方法ですが、インプラントの角度や骨の量によって手術が難しかったり、技術が必要になってきますが、1本に対して1本埋め込むのは、本数が多い事で治療費が高額になってしまうのですが、インプラントの本数を抑える事で費用の負担を減らす事が出来ます。

また手術後に仮歯を装着して使用する事を基本としているので、見た目に対するストレスは少ないと言われています。

デメリット

どんな治療にもメリットデメリットがありますがオールオン4にもデメリットがあります。
まず治療をする為には骨の量が一定量必要という事です。

インプラント治療は人工歯根を骨に中に埋め込んでそれを土台として歯を被せていく治療です。
骨の量がしっかりとあればあるほど、安定感が増します。

逆に骨が少ないと安定感が少なくなってしまうので、定着が良くないという面があります。ある程度骨を移植したり造成したりする事もできますが、限界もあります。
長い期間歯が無いまま過ごしてしまうと骨に対する刺激が少なくなってしまって骨が減少する原因になってしまいます。
また、歯周病の原因である歯石が長期間付着している事が原因で骨が減ってしまう原因にもなってしまいます。

歯が無くなった際には早めに治療してあげる事が選択肢を狭めない事にもなります。

費用について

またオールオン4は保険外のインプラント治療なので、通常の1本に対して1本埋め込むインプラントに比べると費用を抑えられるという面はありますが、やはり費用はかかってきます。

また、インプラント治療は外科手術になるので、術後少し腫れや痛みが出る事はありますがあまり長く痛みが続く場合には早めに受診する事が望ましいです。
インプラント手術の失敗によってしびれがでてしまうなどという事はゼロではありません。

価格も大切ですが、しっかりと設備が整っていて経験がある先生の所で治療すると安心感があります。

総入れ歯とオールオン4の比較

 

総入れ歯のメリットの大きい部分は保険の中で治療をする事が出来るので費用を抑えられるという事です。
また骨の量に関係なく、治療をする事が出来るので、どの患者様でも治療をする事が出来ます。

総入れ歯にもデメリットがあります。
固定式では無く取り外し式なので、安定感はオールオン4に比べると劣ってしまいます。
入れ歯も調整する事で患者様のお口の中に合う様にしていきますが、硬い物を噛んだり、汚れが挟まったりする事で歯茎が腫れてきてしまったり、痛みが出てきてしまう事があります。

歯茎に傷みがあると入れ歯が当たってしまって食事する際にも大きなストレスです。
オールオン4は固定式なので、噛む力もかなり回復する事ができます。

また入れ歯は安定感が少し欠けてしまう点があるので、食事の際に浮いてしまったり、話している際に動いてしまったりする事で周囲の人に気が付かれてしまう事がストレスになってしまう事があります。

オールオン4は固定式なので、通常の差し歯と同じ様な感覚で過ごす事が出来ますし、保険外の治療なので、セラミックを選択する事も出来るので、色や形などもデザインする事が出来ます。
入れ歯では上唇にしわがよってしまうなど老けた印象になってしまう事もありますが、オールオン4ではそのような事はありません。

またオールオン4は骨にインプラントを埋め込んでいるので、骨に刺激がありますが、入れ歯は骨自体には刺激が少なくなってしまうので骨が痩せてしまう原因になってしまいます。

また入れ歯では食事で柔らかい物ばかり食べてしまうと脳への刺激が少なくなってしまうので、認知症のリスクが高くなってしまうなどのデメリットがあります。

お口の中の健康は全身状態にも関係してきます。
どの様な治療を選択するかは患者様のお口の状態や希望によっても異なってきます。

治療にはメリットデメリットがあるので、比較をした上で納得して治療すると満足度の高い治療を受ける事が出来ます。
気になっている治療がある場合には歯科医院で相談してみると疑問を解決する事が出来ます。

歯科の治療は保険外の治療も普及して色々な選択肢が出てきました。
1人1人のオーダーメイドの治療を受ける為にしっかりと治療計画や相談を出来ると安心です。

MENU