インプラントを検討するときの歯科医院の選び方のポイント

ドクターコラム/2018年8月20日

インプラントを考えている方は、まず歯科医院選びが重要です。インプラントの成功は、のちの生活に大きく関わるため、インプラントを検討中の方にとって歯科医院選びは最大のポイントと言えます。ではインプラントにおける歯科医院選びのポイントについてご紹介いたします。

■なぜインプラントは歯科医院選びが重要なのか

保険適用の入れ歯やブリッジと違い、インプラントは保険適用外で外科手術を伴います。そのためどの歯科医院でも受けることができるわけではありません。またインプラント治療を行っている歯科医院でも、相場と大きくかけ離れた激安を売り出しているところや実績が少ないところなどは、インプラントの失敗に繋がりかねません。 高い費用が無駄にならないためにも、インプラントは歯科医院選びが大変重要なのです。

■インプラントを行う歯科医院の選び方の5つのポイントとは

ではインプラントを行う歯科医院の選び方の5つのポイントをご紹介します。

  • ・インプラントの症例や実績が豊富
  • ・説明が丁寧
  • ・費用が明確
  • ・滅菌がきちんと行われており、衛生環境が整っている
  • ・メンテナンスきちんと行う

まずインプラントの症例や実績が豊富である歯科医院であることは、歯科医院選びの第一条件です。安心してインプラントを受けるためには、あらゆる症例をこなし、経験が豊富であることが最重要視すべきことです。

患者様の現在の口腔内の状態をきちんと説明する歯科医院であることも大切です。歯科治療には患者様と歯科医師との信頼関係が必要です。インプラント手術のことばかりでなく、お口の中全体の状況がどのような状況なのか、またこのような状態になった原因などを患者様に丁寧に説明することは、インプラントの成功および健康なお口の中を維持するためにとても大切です。

費用も患者様にとって大いに気になる点でしょう。インプラントは保険適用外で高額な治療費が必要です。提示された金額に何が含まれているか、明確に説明してくれる歯科医院を選ぶようにして下さい、その費用はインプラント本体の値段なのか、検査や手術代などが含まれているかなどを明確にしておかなければ、のちにトラブルに発展する恐れがあります。 不明な点や疑問点などは納得いくまで聞き、曖昧なまま治療を受けないようにして下さい。 信頼のおける歯科医院は、費用の内訳について細かく説明してくれます。

滅菌がきちんと行われ、衛生環境が整っていることも大切です。インプラントは外科手術を伴うため、細菌感染に気を付けなければいけません。特に歯科治療は血液や唾液が付着してやすいため、滅菌対策がずさんな状態では細菌感染の恐れがあります。

患者様ごとに紙コップやエプロン、手袋を交換することは当たり前です。また歯を削るタービンなどがユニットに差したままでないこと、スタッフが手袋をつけたままあちこち触っていないことなども衛生管理がきちんと行われているかどうかを見極めるポイントです。

最後にメンテンナンスがきちんと行われる歯科医院であるかどうかが歯科医院選びの大きなポイントです。インプラント手術のあとに気を受けなければいけないことは、インプラント周囲炎です。インプラント周囲炎とは歯周病に似た症状で、インプラント周囲の歯ぐきが腫れたり出血したりする症状です。そのままにしておくと歯周病菌によって歯槽骨が吸収され、インプラントがグラグラし始めます。最悪の場合インプラントが抜け落ちてしまい、状態によっては再手術が困難なケースもあります。

インプラント周囲炎を防ぐためには定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスを受けることで、インプラントが快適に使えているかどうかを確認し、お口の中の健康を支えます。このように、インプラント治療後のメンテナンスに力を入れていることも、歯科医院選びの基準のひとつです。

■インプラントの成功は歯科医院選びから

インプラントをお考えの方の歯科医院選びのポイントについてお話しました。 インプラントは入れ歯やブリッジにはないメリットをたくさん持ち合わせた治療法です。その反面歯科医院選びを間違うと、あとで後悔する可能性も否めません。 ご紹介したポイントを参考にして頂き、信頼のおける歯科医院を選ぶようにして下さい。

MENU